菅野義孝のオフィシャルサイト。目からウロコのジャズギター・CD・ライブ情報など。

日帰りジャズセミナー

日帰りジャズセミナー

日帰りジャズセミナーチラシ

12/23㊏ 入門コース 定員になりました!
1/8㊊ 中級コース 定員になりました!
どちらもキャンセル待ちとなります。ご了承ください。

2月も開催します!

日帰りジャズセミナー002

2月も開催します!
2/3㊏ 中級コース:募集中!
2/4㊐ 入門コース:募集中!


セミナー内容

入門コース

  • 指板の仕組みを覚える
  • Cメジャーフレーズの練習
  • 3音でFブルースに挑戦
  • コード進行アナライズ(循環コード進行)
  • ドミナントフレーズの練習
  • 改めてFブルース
  • コード進行アナライズ(4つの流れ)
  • Fly Me To The Moonアドリブに挑戦
  • バッキングのコードフォーム

中級コース

  • 入門コースの内容を一通り
  • コード進行アナライズ(IVm・II7・dim)
  • マイナーフレーズの練習
  • バッキング術1
  • イントロ/エンディング
  • 曲中の部分転調について
  • スタンダードでアドリブ練習!

上級コース(中級修了)

  • スタンダードのコード進行アナライズ
  • スタンダードでアドリブ練習
  • バッキング術2
  • ハーモナイズドベースライン

お申込み

メールにてお申し込みください。
こちら⇨ ardbeg@kannoyoshitaka.com
件名:日帰りジャズセミナー
本文:お名前・携帯番号・ご希望のコースと日程

よろしくお願いします。


日帰りジャズセミナーについて

メロディやハーモニー(コード進行)、アドリブの効果的な練習方法を僕は知っています。それを誰かに伝えるのが大好きです!そして、伝わった!と感じたとき、震えるほどの喜びを感じます。「お!つかみましたね^^」ぐらいで、リアクションは小さいのですが、実はめちゃくちゃ嬉しいんです!
「やった!この感覚を共有できた!」
「この感覚」というのは、昔ながらのジャズ語で楽しく会話してる!という感覚です。

僕が知っている効果的な練習方法(目からウロコ流と呼んでいます)を、どうすればもっと分かりやすく伝えられるか、いつも考えています。レッスンは昔からしていましたが、2008年に「目からウロコのジャズギター」連載がスタートしてから本格的に「教える」ということに取り組み始めて、もうすぐ10年、かなり進化してきました。お蔭さまで今は「お任せください!」と自信を持って言えるようになりました。生徒さんが少しずつアドリブできるようになっていくのが嬉しくて嬉しくて!プレイヤーとしてライブするのと、レッスンやセミナーで教えるのと、どちらも同じくらい楽しいですし、真剣に取り組んでいます。

目からウロコ流の特徴は、練習する「内容と順序」がポイントになります。何年も練習しているのになかなか上達しないのは、今必要な内容を飛ばして別の練習をしている、順序が逆になっている、ということです。
英語の勉強を何十年もしてきたのに全然自由に話せない!という人も多いと思います、僕もその1人でして、「なんて難しいんだ!こんなの無理!」って100回くらい思いました。ジャズのアドリブも「こんなに頑張ってるのに全然できない!」この感じ、まったく同じだと思います。すごく気持ちが分かります!
練習する「内容と順序」。目からウロコ流では、ジャズへの階段を1段ずつ順序よく昇っていくので、少しずつ、でも確実に上手くなっていきます。

ある程度弾けるようになるまでは、僕のお勧めフレーズを使って練習していくのですが、ポイントをつかんで自信がついて、これからの練習方法が自分でイメージできるようになったら「目からウロコ流」修了です。「いってらっしゃ~い!頑張ってねー!」と笑顔で送り出します。誰かのプレイを徹底的にコピーして真似したり、ジャムセッションにいって刺激をもらったり、自由にマイペースでどんどん上手くなってください。もし、道に迷ったり、バランスを崩したりしたときは戻ってきてください。しっかりサポートします。基礎がしっかりできているので、きっとすぐに立て直すことができます。

僕の話ですが… Grant Greenみたいなプレイヤーになりたいと思って頑張った時期が長かったのですが、今の自分のプレイを聴くと、G.Gとはだいぶ違うなぁ…と感じます。 「こうなりたい!」と強く思っても、結局は自分が元々持っている感覚に落ち着く、納まる、ということなのかなと思います。誰でも背伸びして頑張る時期はあると思いますが、いずれは地面にしっかり足を付いて自然体になれるのだと思います。
あるジャズ雑誌のインタビューで、「自分のスタイルを見つけることが大事だ!」という有名ミュージシャンの記事がありました。「そうか!俺も早く自分のスタイルを見つけるぞ!やっぱGrant Greenだな!」なんて燃えた時期もありましたが、今思うと、その人が言ったのは「早く自然体になれるといいね」ということだったのかなと。完全に勘違いしていましたが、でもそのおかげでG.Gの完全コピーに明け暮れ、フレーズやタイミングなど、多くの大事なことを身に付けることができたので、結果オーライ!
背伸びしてがむしゃらに練習する時期はきっと必要です。「完コピして、その人そっくりになってどうする?」なんて話も聞きますが、いずれ自然に自分のスタイルに納まるので、ぜーんぜん大丈夫、安心して練習に没頭しましょう♬

「目からウロコ流」を一人でも多くの人に試してもらって、自由なアドリブ、ジャズの楽しさを分かち合いたい、という強い想いがあります。 「岐阜と岩手のジャズ合宿は知っているけど、日程や場所的に参加が難しい」という声が多く、「参加したいけど行けない」というのは僕としても本当に残念で、何とかしたいとずっと思っていました。この想いを、緑本「目からウロコのジャズ・アドリブ・マスター術」に詰め込んで出版、多くの人に読んでいただいていますが、本当に大事なところは、やはり直接伝えなければ! どうすれば参加しやすいセミナーができるだろう?
…と考えまして、「日帰りジャズセミナー」を開催することにしました。コースを(入門・中級・上級)と分け、1日という短い時間でも十分に伝えられるように、練習内容と順序を吟味しました。
すでに、ある程度弾ける人は中級コースからでOKです。中級コースを修了したら、上級コースに進むことができます。

練習に行き詰まっている方、ジャズをやりたいけど最初の一歩が踏み出せない方、安心してご参加ください。親身になってサポートさせていただきます。

まずは東京からスタートして、全国各地で開催できるように頑張ります!待っていてください!


a:2441 t:5 y:9

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional