菅野義孝のオフィシャルサイト。目からウロコのジャズギター・CD・ライブ情報など。

ジャズ合宿in岐阜2019

ジャズ合宿in岐阜2019

5/3㊎~5/5㊐ 二泊三日の日程で開催しました。今回で7回目になります。
今年も沢山の皆さんにご参加いただきました!会場は日本昭和音楽村(岐阜・大垣)です。三日間、最高の天気に恵まれ、ジャズと自然を満喫してきました!

ジャズ合宿in岐阜

画像の説明

再会(^^♪

画像の説明

午後のレッスン

画像の説明

画像の説明

画像の説明

そして夜は宴会セッション(^o^)/

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

二日目 アンサンブルレッスン

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

最終日 発表会

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明


~合宿に参加して~

あれからも緑本を片手に練習に励んでいます。おかげさまで自分がなににつまづいていたかが理解できました。また解釈も深まりこれからの練習に何が必要かも明確に把握できました。判ってみれば「何だそんな事か」かもしれませんが、それに気付くには合宿に行かなければあと半年はかかっていたんじゃないか?と思えます。それくらいレッスンの内容はありがたかったです。改めてありがとうございました。ある程度自分で練習の成果が感じれたらまた日帰りレッスンか合宿に参加させていただこうと思います。今後ともよろしくお願いいたします。 朝倉さん

先日は合宿ありがとうございました。マンツーマンでいろいろと教えてもらってとてもお得でした。また、いろいろなギタリストとギター話ができて幸せでした。ありがとうございます。 石井さん

岐阜合宿ではお疲れさまでした。おかげさまで旧友に再会し、また新しい友達もできてとても楽しく次につながる成果が得られました。来年も岐阜合宿を楽しみにしております。

「はぁ〜。楽しかったなぁ〜。」合宿後、同じ合宿メンバーのIさんと、ホワーとして新幹線に乗り、家に戻っても現実に戻れない状態が数日続き、家事もろくに手付かず、妻が少し不機嫌になりました。なんとも言葉にし難い楽しみに満ちた、二泊三日の合宿でありました。まーず、天気の良いこと良いこと!最高の晴れ模様の空の下、湖のほとりで、爽やかな風に優しく吹かれながら、菅野先生初め、北川先生、猿渡先生という超大御所、ジャズの化身のような諸先生方、その門下生の超個性豊かな「猛者」たちと3日も過ごせば、そりゃ〜おかしくもなりますよ。そしていつ果てるとも知らないセッションの嵐、、、。慣れないもので色々迷惑もかけましたが、そんな迷惑も今のうちにかけとけと変に大きな気持ちになれるのも、先生と先輩方が優しく見守ってくれるからで、、、今考えると本当に恥ずかしいこともしましたが、とにかく皆さん寛大に受け止めて頂き誠にありがとうございます。そして各々、それぞれの気持ちを胸に挑んだ公開セッション、皆さん、本当に輝いておりました。自分は緊張し過ぎて、かなりテンパリ気味で、なんとか出番を終えた時にはほとんど放心して何も覚えていない始末、、、。でも猿渡先生、北川先生をバックに演奏してめちゃくちゃ楽しかった事だけは覚えております。もっと色々書きたいことがあるんですが、あまりにも長くなるのでここいらでやめときます。とにかく楽しい二泊三日、文字通りあっと言う前でした。この感覚、大切にしまっておいてまた来年、もっと皆でスウィング出来るよう、技に磨きをかけていきたいと思います! 榊原さん

ギター合宿ありがとうございます。大変お世話になりました。私自身の成長はお恥ずかしい限りですが、この合宿で得たことは多く、特に練習方法が見つかったことが
今後1年の励みになりました。また思いを共にする仲間と交流&セッションできたことが何よりのよい経験でありました。また研鑽を積んでいきたいと思いますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 Hさん

3年ぶりに参加した岐阜の合宿。まず初めに、以前合宿に参加された方々との再会。懐かしさと嬉しさ、みんな上手くなってるんだろうなぁというドキドキ感、そしてこれから3日間のワクワク感。様々な思いが巡りました。座学もありながら、今回はどちらかというとセッションやDuo回しの実践で色々な方から刺激をもらいました。そこで、過去から習ってきたことが適時適所で演奏に反映できるかの確認の連続。ご飯と風呂と寝るとき以外は外でも中でも、とにかくギター弾きまくった3日間でした。共に参加した方々のジャズに対する取り組み姿勢、真面目さ、ストイックさ、ジャズ愛、ギター愛を感じました。地道に学んでいる方々の成長も感じ、自分ももっと真剣にジャズギターに取り組もうと決意を新たにしました。そしてまた合宿で一年の成長を仲間に見てもらおうと思います。いい刺激を受け、ますますジャズが好きになる。とにかく楽しい!そんな合宿でした!ありがとうございました。 千葉県 牛尾さん

今回の合宿ではお世話になりました。セッションでも、発表会でも、まともに演奏ができず、「俺にはあんまりギターはやっぱり向いてないのかなあ」と、合宿が終了したときには、ただただ落ち込んでいましたが、一週間が経過して、ようやく気をとりなおして、また練習を始めたところです。今回の合宿では、小生にとって一番良かったことは、教えて頂いた、菅野さんの練習方法に関するコメントです。以下をいつも忘れずに、気をとりなおして、進もうと思います。おしいれから、ルーパーを取り出しました。irealを使うのはやめました。ありがとうございました! 佐藤さん

合宿参加前までは、フレーズを理解していたつもりでいましたが、いざスタンダード曲をアドリブで弾くとフレーズがはまらない事があり、ぎこちない感じの演奏(適当な感じ)になる事が多かったです。初日、合宿での先生のレッスン及び演奏、セッションによる周りの方々の演奏と自分の演奏を比較して思った事は、私の場合、曲の骨格となるコード進行(コードの機能、コードの流れ)の理解が浅かった為、フレーズがはまらない場面があった事が分かりました。その為、2日目はレッスン資料に基づき、曲のKEYをFとCに絞り、自分が今どの場面を弾いているかを意識して同じフレーズを繰り返し練習し、コード進行の流れを身体に染み込ませました。またコード進行を意識(アナライズ)、ツーファイブワンのワンの部分(着地)や出だしのメジャーフレーズのパターン、イントロ、エンディングを中心に練習をしました。繰り返し練習することによって、コードに基づいた立体感のある音使いが見えてきた事が収穫でした。何より向上心の高い方々と一緒に楽器と向き合うことができたので大変刺激となりました。いかに自分が目的意識を持たずに練習をしていたかを痛感しました。余談ですが、レッスンではスケールを全く使わないので、取っ掛かりやすかったです。スケールというのは言語でいうところの文法であり、まずは会話をする為の挨拶(短い簡単なフレーズ)を必要な場面で使えるようにする事の重要性を説いていましたが、その通りだと思います。特にギタリストはスケールに囚われがちで、このコードではこのスケールが使える(使えない)だけではあまり音楽的でなく、アドリブの練習という意味ではスケール練習はそれ程有用ではないかなと(私は)思いました。合宿の成果を出す発表会は、緊張もありあまり上手くいきませんでしたが、課題も分かりました。人前でパフォーマンスをしないと芸事は身につかないと思ってますので、これを機にジャムセッションにも少しずつ参加しようかと思います。非常に濃い2泊3日間でした。ありがとうございました。 Yさん

合宿という言葉に、ぴったりの合宿でした。残念ながら、所用で1泊でしたが、楽しませていただきました。自然に囲まれた最高の場所です。わずかな時間でしたが、菅野先生に、個人レッスンもしていただきました。なにかが、見えてきたようです。ありがとうございました。 岩城さん

初めての合宿参加でしたが、先生や周りの方々に教えていただきながら楽しく合宿を送ることができました。参加しないと気がつかなかったことなどがあり、それを出来るようにする新たな目標ができました。また、合宿メンバーのSさんと本日、練習をしてきました。合宿から1週間後でしたが、お互いに合宿前と比べて成長を感じることが出来ました。来年も楽しみにしています。ありがとうございました! 石塚さん

〈良い点〉説明が以前より分かりやすく、上手になってました。夜のセッションで最初はGtを順繰りに入れていったのは参加しやすいです。結局は名前を覚えられませんが、名札で名前を確認しやすくなった。自己紹介を最初に入れたことで、だいぶ話しやすかった。講評をメールで頂けたのはとても良かった。〈改善点〉2日目夕方のアンサンブルは夜のセッションと変わらず効果的ではなかったと思います。やはり講評を入れないと弱いかなと、または3人1組にしたあと少し仕込みをさせるか、などもう少し工夫が必要かと思います。さすがにずっとお弁当は辛かった、と帰りに温かいもの食べたときに実感しました。〈良い悪いはなく〉2日目午前に講義ない予定だったとのことでしたが、半日フリーは少し長いです。今回のように午前に講義やって、みたいなので良かったと思います。人数多くて大変なときはグループに分けてやらせるとか考えてみてはどうでしょう。例えば、リズムのレイドバックの話の際、グループ毎で回しながらやってみて、とかすると短時間でできるし体感しやすいのかなと、思いました。 匿名希望さん



皆さんから挙げていただいた課題(箇条書き)について

合宿初日に課題を出し合って箇条書きにしました。それについてどのような練習をすればいいか、最終的なまとめをしていませんでした。中途半端になってしまい、申し訳ありません。

・コードアナライズ
・フレーズの引き出し全部開け
・コードワーク(バッキング)の引き出し全部開け
・実践形式の練習

お渡しした資料を元にこれら4つの効果的な練習を積んで、余裕で弾けるようになってくると、

・リズム
・相手の音を聴く

この2点に意識を集中でき、自分がどのようにプレイするかを頭で考えずに体の反応に任せられるようになります。「無」の状態になって、ひらめきだけでプレイする感覚です。

こうなれば箇条書きした問題・課題は全てクリアになります。
箇条書きの個々に対してこの練習、というのではなく、全てのカギは、上記4つの効果的な練習を積んで、

余裕で弾けるようになる
余裕はあればあるほど良い(日本語を話すのと同じ感覚・余裕)

ということをお伝えしたかったです。
目からウロコ流で進んで行けば大丈夫です(^^♪



大自然の中で音楽三昧♪
日中は練習、夜は宴会とジャムセッション
練習の合間に自然散策♪ 楽しい楽しい3日間です♪

2019年 5/3(金)~ 5/5(日)

会 場:森と湖自然公園 日本昭和音楽村
最寄駅:JR関ヶ原駅(名古屋駅から1時間程度)

講師:ギター菅野義孝/ベース北川弘幸/ドラムス猿渡泰幸



終了しました

参加費

2泊3日コース  38000円(学生34000円)
1泊2日コース  25000円
(現地集合・現地解散)


ジャズ合宿 スケジュール

■5/3(金)
11:00 電車組、関ケ原駅に集合、車で移動
12:00 会場集合 昼食
13:00 オリエンテーション
13:30 パート練習・合同練習
16:00 ジャズ講座
18:00 夕食
20:00 ジャムセッション

■5/4(土)
午前中 自由時間
12:00 昼食
13:30 パート練習
15:30 合同練習
17:00 自由時間
18:00 夕食
20:00 ジャムセッション

■5/5(日)
10:00 パート練習
12:00 昼食
14:00 発表会
16:00 解散

お申込み

終了しました

こちら⇨ ardbeg@kannoyoshitaka.com

(クリックしてもメールが立ち上がらない場合は、お手数ですがメールアドレスを入力してください)

件名:ジャズ合宿岐阜
本文:お名前・携帯番号・楽器




a:1327 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional