菅野義孝のオフィシャルサイト。目からウロコのジャズギター・CD・ライブ情報など。

ジャズ合宿岐阜レポ

ジャズ合宿 in 岐阜レポート

2017ジャズ合宿in岐阜 レポート

今年2017年で5回目となるジャズ合宿in岐阜。5月3日(水)から3日間の日程で開催しました。去年までは養老町の旅館が会場でしたが、今年は大垣市の日本昭和音楽村で開催しました。森と湖と大自然、素晴らしい環境の中、仲間と一緒にジャズに浸りました。

2017-05-04 16

1泊2日コースで参加された方で、この写真に入っていない方が何人もいらっしゃいます。全員での集合写真が撮れなくて、申し訳ありませんでした。
あれ?北川さんも入っていない。。。

初日

お昼に会場に集合、みんなでお弁当を食べながら再会を喜びました。コテージが3棟あり、ベース組・ドラム組・ギター組と分かれて、それぞれパート練習から。

ギター組は目からウロコ流アドリブマスター術の実践です。今回、合宿の資料として目からウロコ流の「チェックシート」を作りまして、ステップアップに必要な大事なポイントの見落としがないかチェックできるようにしました。様々な項目がありますが、特にトニック・フレーズの重要性を説明しました。いいアドリブのカギはトニック・フレーズです!皆さん、引き続き練習頑張ってください!
あとは3625ルバートの練習もしましたね。循環コード進行は基本中の基本ですが、それを基にどんどん展開していく、果てしない可能性がありますので、しっかりマスターしてください。
そんなことしているうちに、あっという間に夕食の時間が来ました。レストランに集合して食事と共に宴会スタート♪

画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明

去年までの旅館では、食事の準備・片付けはセルフだったので、厨房から大広間まで並んでアリさんのようにお膳を運んだのですが、年齢的に言うと新入社員から取締役まで、上下関係なく協力する姿がとても印象的で、その光景を思い出して、ちょっとだけ某旅館を懐かしく思ったりして。ちょっとだけです。

2017-05-03 23 画像の説明

画像の説明 2017-05-03 19

1時間ほどするとお酒も進んできて「そろそろ演りますかね」とジャムセッションがスタートしました。長い夜の始まりです。合宿の一番(?)の楽しみじゃないでしょうか?途中休憩もせずにぶっ通し7時間かそれ以上。何時まで演ってたか憶えていませんが、それにしても皆さんよく飲みました! 北川さんとビール買い出しのとき「2日分とは言え、ちょっと買い過ぎか?」と話していたのですが、初日で殆ど飲んでしまい、翌日買い足しに行ったそうです。完全に予算オーバー(^^; それだけ楽しかったということで、よかったよかった。そこからコテージに移動して2次会が始まり、寝たのは何時でしょう?

2日目

起床は一応僕が最後ではなかったです。朝早くから練習している人もいたことでしょう!みんなで朝食を頂いて、午前中は個人練習。僕がフラフラ回って個別レッスン的な。お昼前に、いる人だけで集まって8分音符のタイミングやレイドバックについて話しました。これにもう少し時間を取ればよかったなと反省、来年に持ち越し。
お昼は全員集まってお弁当。さっき朝ごはん食べたばかりって感じでしたが、見ると食べちゃうんですね~。

2017-05-04 13 2017-05-04 13

画像の説明 画像の説明画像の説明 画像の説明

午後からは、ギター組コテージに戻って、デュオでプチライブ。みんなが見てると緊張するものですが、イントロからテーマ・アドリブ・4バース・エンディングまで、演奏しながら相手の音をしっかり聴くという意識の大切さを再確認できたと思います。
夕方はベース・ドラムと合同でアンサンブル・ワークショップ。1曲ごとに思ったこと感じたことをコメントしましたが、みんなでもっと活発な意見交換ができたらと思いました。去年も一昨年も同じ感じだったので、もっといい雰囲気のワークショップになるように何か考えないと。来年の課題です。

2017-05-04 14 2017-05-04 15

そして夜の宴会ジャムセッション。真剣なセッションあり、昭和懐メロで異様な盛り上がり!?の猿渡さんオンステージあり、夜中まで続きました。例年だと2日目の夜は皆さん最終日に備えて早めに休む傾向がありましたが、ギター組はほぼ全員夜中2時過ぎまでセッションしていました!すごい! そしてこの日もコテージで2次会、猿渡さんが仮眠から目覚め復活してしまい、結局寝たのが4時近く、、、

最終日

皆さん、さすがに普段より遅めの起床。かと思えば朝早くから近所の喫茶店モーニングに行った人もいるとか。思い思いの朝を過ごし、午前中は発表会に向けて個人練習。個別にイントロ/エンディングの確認など。今思うと、個別じゃなく、みんなで集まってイントロ/エンディングのワークショップした方がよかったと反省。
お昼を食べて、発表会の曲や順番を決めていたら、あっという間に準備の時間を過ぎていて、慌ててホールへ移動。大急ぎでサウンドチェックし、開場し、すぐに本番、というバタバタの発表会になってしまいました。初めての場所なので、もっと余裕を持って準備しないといけませんでした、反省。

2017-05-05 12

中日新聞さんが今回の合宿を取材してくれて、写真付き記事になったこともあり、発表会には沢山のお客さんにお越し頂きました。250人収容のホールに100人くらいでしょうか。立派なステージでの演奏はかなりの緊張感があったと思います。リハーサルもないぶっつけ本番にもかかわらず、皆さん素晴らしい演奏を聴かせてくれました!「こんな立派なホールで演奏するのは、小学校の発表会以来です」みたいなコメントもあり、和んだ、いい雰囲気の発表会になりました。お客さんにも、とても喜んで頂けたとのことです!よかったー!!

2017-05-05 14 2017-05-05 142017-05-05 14 画像の説明画像の説明 画像の説明画像の説明 画像の説明画像の説明 画像の説明画像の説明 画像の説明

画像の説明

今年も、近県の方から、東京、山口、高知、遠くからも沢山ご参加頂きました。連休の渋滞で移動が大変だったと思います。本当にありがとうございました。
今回の反省を来年に生かして、さらに充実した合宿になるように頑張ります。
残念ながらご参加頂けなかった皆さま、来年ぜひご参加ください♪お待ちしています。

以上、2017年ジャズ合宿in岐阜 レポートでした!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!
ちなみに、来年2018年もゴールデンウィーク5/3から3日間開催予定です。



2016ジャズ合宿in岐阜 レポート

今年もゴールデンウィーク5月3日から3日間、岐阜県養老町で開催しました。去年からドラムも加わり、ギター・ベース・ドラム合わせて33名でした。

50%,集合写真

2016-05-04 16 00 15

みんなでお昼ご飯を食べて、ギター組・ベース組・ドラム組に分かれて合宿スタート。ギター組はギターが13名、ピアノ1名、サックス1名、ボーカル1名、という大所帯。初参加の方もいたので、最初に基本的なコード進行の読み方とアドリブフレーズについて説明しました。
そして僕が作った練習用のコード進行でアドリブソロ回し。みなさんよく弾けてる!去年から確実にレベルアップしているように感じました。素晴らしい!
エンディングのアイデアについて話し合ったり、練習したり。やはりワークショップ形式は楽しい! ちょっと速めの曲や、ゆったりのサテンドールなど難しいテンポに苦しみながらも、楽しい充実した時間だったと思います。

夜は7時半からセッションスタート!お酒を飲みながらのセッションはやはり楽しい!程よいアルコールが余計なバリアを取り除いてくれます。皆さん、楽しくそして真剣に演奏できたと思います、初めのうちは。 アルコール摂取量が程を超えてくると理性まで取り除かれがちです。僕もやりすぎたなーと思うところがありまして、いま反省しています。。。 何はともあれ、大きな事故もなく、23時過ぎに宿のおばちゃんに怒鳴られたところで無事にセッションが終了しました(^^;

2016-05-04 16 00 15

2日目、夜中の雨もあがり、朝から養老の滝に行ってきた人も多いと思います。午前中はあちこちの部屋に分散して自主トレに励んで頂き、僕が回って個別レッスンしました。頑張ったのですが、全員は回れなかったと思います、、、すみませんでした。個別ではなくレベルに合わせた少人数グループの方がいいですね、来年からそうします。
午後からベース組に集まって頂いて コードアナライズとアドリブフレーズについてのセミナーをしました。時間の関係で、基本的なところだけの駆け足の解説になりましたが、こちらも活発に質問や意見が飛び交い、僕自身手応えを感じました。
目からウロコ流は、練習する内容と順番がとても重要で、大まかな流れは8年くらい前から変わっていませんが、ここ数年間で磨きをかけ、ようやく納得できるメソッドに仕上がったと思います。
セミナーの後はギター・ベース合同のアンサンブルレッスン。イントロ、テーマとオブリガート、アドリブ、バッキング、掛け合いからエンディングまで、いろいろ挑戦もして頂きました。実践的で得るものも多かったと思います。もう少し活発に意見を言い合えるともっとよかったかな。
そして夜の宴会セッションに突入!翌日に備えて早めに休む人も多く、僕も2時半には寝ましたよ!

 2016-05-04 15 51 53 2016-05-04 16 48 15

2016-05-04 16 48 21 2016-05-04 17 32 29

3日目、朝早くから練習してる人がたくさん! 3日間と言ってもあっという間です。時間を大事に目いっぱい練習する精神に感動しました。と同時に、自分最近さぼり過ぎだなぁと猛反省。。。お陰さまでスイッチを入れ直すことができました。
午前中はギターデュオでのアンサンブルレッスン。ベースがいない中でのプレイはさらなる難しさと面白さがあります。そして最後にコードワークについてのレッスン。循環コード進行で深く練習することが大切ですよ!

合宿の仕上げは発表会です。午後に1時間くらいは個別レッスンできると思っていましたが、会場の都合で時間が早まり、バタバタの発表会になってしまいました。夜のセッションやアンサンブルで慣れ親しんだステージ(?)も、椅子を並べてみんな真剣に聴く中での演奏は緊張感が違うと思います。本当はもう少し演出を工夫して緊張感をアップさせたかったのですが、そこまでできませんでした。これもちょっと心残りです。まぁでも、それなりの緊張感の中で皆さんよく弾き切ったと思います。素晴らしい!

良い環境でジャズに没頭できるように、開催場所や内容を練って来年につなげたいと思います。
ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました!

2016-05-07 5 26 50 2016-05-07 5 27 00
2016-05-07 5 27 07 2016-05-07 5 27 11
2016-05-07 5 27 18 2016-05-07 5 27 22


感想 ~合宿に参加して~

今回の合宿にご参加頂いた方々から感想を頂きました!

合宿、いつもながら楽しかったです!お疲れ様、そして、ありがとうございました!今回は、参加する前から、「菅野さんとDuoがしたいなー」なんて思ってたんですが、結局言い出せないまま3日過ぎてしまいました。来年こそは、是非よろしくお願いします!
三重県 加藤さん

今年で3回目の参加になりました。すべて、とても楽しくて、集団レッスンあり、個人レッスンあり、そして宴会セッションあり、のJAZZ三昧。幸せな2泊3日の合宿でした。
個人的には、回を増すごとに、菅野さんの=「ビートの凄さ」=を理解出来るようになって来ました。それを身近に感じる事が出来て、本当に為に成ります。「リズム」への意識をいかにキープして日頃から練習するか!その大切さを、今回は更に感じる事が出来ました。
基礎練習をこの1年積み重ねて、来年はまた次のステップを習えるように、これからも頑張ります!
ありがとうございました。
高知県 安田貴さん

ジャズ合宿お疲れ様でした!ギター・ベース・ドラム合宿ですが私はボーカルとキーボードで参加しました。今年で3回目の参加です。
ワークショップ形式の講義の時間、初めて参加される方への配慮と共に『毎年と同じにならない様に』と継続参加者のさらなるレベルアップも考慮してメニューを考えてくださることに菅野さんのお人柄を感じました。
菅野さんのメソッドでは、どの楽器を演奏するにしても必要な基本の内容を噛み砕いて分かりやすく教えていただけます。理論書を見て思わず頭を抱えてしまう内容も、整理された順番でスーッと頭に入ってきます。『なんとなく』で演奏してきた人にとって『そうだったのか☆』と言うヒントが一杯です!この感激をギタリストだけが味わってるなんて勿体無い(笑)他のコード楽器、フロント楽器・ボーカリストも分かち合える内容だと思います。ギタリストの友達が沢山できますよ!
なにより、ここで出会った方々に毎年出会えるのがとても嬉しいです。遠く離れていても、世代を越えて応援し合える大切な仲間です。またお会い出来る事を楽しみにしています。
講師陣のみなさま、参加者のみなさまありがとうございました!
東京都 K.Hさん

合宿本当にお疲れさまでした。 毎回菅野さんはじめ講師陣の3人が、合宿準備運営に大変な努力をされていることに頭が下がる思いです。 今回もとても楽しくためになる内容でした。
私にとって良かった点は:
①菅野先生の直接指導が受けられたこと。タイム感、リズムキープが最大の個人的課題ですのでアドバイスいただき感謝しております。 これからも精進します。
②ベース・ギター・ドラムの皆様と本当に楽しく過ごせたこと。
③1年ぶりで懐かしい仲間に再会できたこと
良くなかった点は、会場からクレームがきつかったことですね、楽しい雰囲気がちょっと凍り付いてしまったようで残念でした。次回は別の居心地の良い場を探して頂けるとのこと、楽しみにしております。
匿名県 希望さん



2015ジャズギター&ベース合同合宿 レポート

今年もゴールデンウィーク5月3日から3日間、岐阜県養老町で開催しました。今年はギター・ベースに加えてドラムも参加し、総勢約40名!

合宿集合写真

初日

12時に集合して、まずは腹ごしらえのカレー。合宿ですから食事の準備~後片付けはセルフ。厨房から階段を昇って廊下をくねくね、40人分の食事を運ぶのも大変なことです。取締役と新入社員ほどの年齢差があるのに、年齢に関係なくお互いに協力し合う姿に感動してしまいました。みんなジャズが好きな仲間なんですね。ご協力ありがとうございました。

食後に恒例のアミダで部屋決めをして、いよいよ合宿スタート!
ギター組・ベース組・ドラム組に分かれて練習開始。

ギター組の今年のテーマとして考えていたのが
① 譜面コード進行の流れを意識して弾く
② トニックフレーズの充実
③ コード進行を度数で考えて弾く
④ 耳のトレーニング
という感じでした。
①と②については既にできている人も多く、お互いのアドリブを聴いて参考にしたり刺激を受けたりできたかなと。
良いアドリブのポイントはトニックですので、クリフォード・ブラウンなど素晴らしいプレイヤーのトニックフレーズをコピーしてみてください。

夕方からベース組、ドラム組、全員参加のジャズセミナー。
「リズムの練習方法」
「コード進行のアナライズ」
最近の僕のセミナーはいつもこればかりですが、それだけ重要なことなんです! 特に リズム練習方法は心からお勧めします。来年、みんなレベルアップしていることを期待してますよ!

初日の夕食、酒買い出しが遅くなってしまい、お待たせー!と戻ったころには既に皆さん食べ終わっていました(+_+) でもまぁ、夕食がサクッと済んだ分、早く宴会セッションスタートできたので良しとしましょう。

待ちに待った宴会セッション。酒が入っているとは言え実践は実践。セッション慣れしていない人にとっては緊張のステージです。ここでどのくらい自分のプレイが出来るか、普段の練習とどう違うか、体で覚える絶好の機会です。慣れている人も普段と違う顔ぶれのセッションを充分楽しんだと思います。
人数が多い分出番も少なく、そこが申し訳なかったです。進行次第でもう少し回せるはずで、来年以降の課題です。

2日目

あいにくの雨で、それもドシャ降りに近い。養老の滝を観に行く時間に余裕があるのは2日目なのに、、、残念ながら僕はいけませんでした。だれか行ってきたかな?

朝の9時前だと言うのにどこからともなく個人練習の音が!皆さん熱心で僕も気が引き締まりました!
ギター組は個人練習の後、資料で用意していったコード進行に合わせてアドリブ練習。①と②を鍛える練習です。指板の仕組みを深く知るのにも役立つと思います。
③と④については代表で数人の方に練習を試してもらいました。僕が道案内をしながら、譜面を見ずにコード進行を覚えていく練習です。①をマスターした人が次のステップに進む、とてもとても効果的な練習方法です。マンツーマンレッスンでしか練習できないのが困ったもので、なにかいい方法を考えてみます。

夕方からセッション形式でアンサンブルレッスン。他の楽器の人とお互いに意見交換する場にしたかったのですが、ちょっと空気が硬いというか、、なかなか言えないものです(^_^;) でもこういうワークショップな時間も大事なのでもっと有効利用しないと。これも次回の課題です。

この日の夕食はビールが間に合いました!鍋にビールとくれば親睦が深まらないはずがありません。”悪代官”猿渡さんの「カンパーイ!」で大いに盛り上がりました。久しぶりに猿渡さんとゆっくり飲めて最高でした!相変わらず冴え冴えです!猿渡さんと飲むのが初めての人はびっくりしたでしょ!?
セッションは23時で終了、その後宴会は延々と続いたそうな。

ところで、合宿会場となった料理旅館「掬水」さん。建物は古いですが、なかなか雰囲気のある、いい旅館です。お風呂も広いし、床が抜けそうなところもあったりして、これまたよろしい。
去年、夜遅くまでしこたま飲んで大騒ぎしたヤカマシイ連中が今年は大幅にパワーアップしてやってきた訳で、宿のおばちゃんも機嫌がいい訳がない。初日は「お世話になります~」と柔らかく挨拶を交わせたのに、2日目からは怖くて声を掛けれませんでした。

3日目(最終日)

抜群の天気に恵まれました。午前中の自由時間で滝を観に行った人も多いと思います。二日酔いで潰れている人もいて、まるで自分を見ているようでした。僕も2か月前の北海道ツアーでやっちゃったんですよ。ははは。
午後からの発表会の曲決めやイントロ・エンディング、アレンジのアイデアなど個別に練習して、昼前にギター組最後のレッスン。ハーモナイズやバッキングのコードワークなど、ちょっとだけでしたができました。

お昼の玉ねぎ丼(?)をさっと頂いて、バタバタと発表会準備。いっぱいいっぱいでしたが、皆さまのご協力のお陰で無事に発表会スタートできました。
ギタートリオ、またはピアノトリオの形で1人1曲ずつ、講師とのトリオです。ドラム組とベース組では僕がギターを弾きました。分かり易いスタンダードを選曲してもらったので助かりました(^_^;) 
そしてギター組は 北川さんのベース、猿渡さんのドラムでのトリオです。緊張はあったと思いますが、みんな立派に弾ききってくれました!演奏前に紹介して拍手をもらうことで緊張感を演出しました。やっぱり発表会はこれがないと。
ギター組15名で、そのうち9名が去年も参加。1年の練習成果を見せてくれました。特に、急成長したNKJMくんにはみんな驚いて、自分のことのように喜んでいました。仲間っていいなーって、今じわじわきてます。

最後に、宿の手配・交渉・後始末、面倒なことを全部お願いしました北川さん、ありがとうございました。

それでは皆さま、また来年も楽しみましょう!


感想 ~合宿に参加して~

ご参加頂いた方からコメントを頂きましたので紹介します。

今年もギター合宿に参加させていただきありがとうございました。去年参加の方、初めての方それぞれいますが最終日の発表会ではギターならではの連帯感というか、全員の演奏を聴くなど仲間意識がすごく感じられました。それか一番嬉しかったかな。自分自身は、なかなか上手くならないのが残念ですが、来年も参加させてもらいたいと思っていますのでよろしくお願いします。
奈良県 佐野丸さん

合宿お疲れさまでした。
菅野さんのレッスンとても参考になりました。
耳とギターをつなげる、これが大事だなとつくづく感じています。
練習方法のとっかかりを教えていただいただけでも感謝感謝です。
そして今回もわきあいあいとみんなで盛り上げる雰囲気とてもよかったです。
これは菅野さん始め教師陣の御人徳なのでしょうね。
ありがとうございました。
東京都 T.W.さん

合宿お疲れ様でした!
色々勉強させていただき有難うございました!
自分の今からの課題も見つかり、合宿から帰った後から毎日取り組んでおります。なかなか険しい道ですが、目標もできたし、少しでも参加されてたギターリスト、菅野先生に近づきたいと思っています!また、レッスンの方もよろしくお願いしますm(_ _)m
香川県 三好さん

菅野先生に教わったコード進行の基本を基に曲の分析をしてみると、今までちんぷんかんぷんだった構造が、霧が晴れるように理解できるようになりました。このことが嬉しくて、帰宅して早速、スタンダード100本とソロギター本を購入しました。これらを地図にしてスタンダードの大海原へと航海しようと思います!
あと先生方、みなさんとお会いすることができたことが、なにより自分にとっていい機会でした。みなさん、いい音出てるし、楽しく演奏してるし、本当かっこいい!先生方の演奏は、まるで自分が夢の中にいるようで、ただただ感激でした。
来年、成長した自分をお見せできるように精進していきたいと思います。ありがとうございました。
静岡県 疋田さん

今回の合宿はジャズギター超初心者でも参加できるとの事を菅野さんからお聞きして、初めてに参加しました。ジャズは好きで聴いてはいましたが、自分から演奏しようとは思ってもいませんでした。ライブでの菅野さんの演奏に惚れ込んで、気を張らずにジャージーな曲を歌心のあるアドリブをしながら友だちと遊べたらいいなぁ~~なんて思い始めて、軽い気持ちで一歩踏み出そうとの思いで参加しました。
結論・・・参加して良かったです!
最初はめちゃくちゃビビっていましたが、参加しているみなさんの演奏(ジャムセッションの時でも聞き込んでしまうほど)を聴いているだけでも勉強になるし、みなさんの温かい言葉に励まされながら楽しく、そして菅野さんからの直接指導を受けたり、演奏をじっくりと聴けたり、一番良かったのは菅野さんと一緒に演奏出来たこと!!
私にとって贅沢なそして、しっかりと次の自分の課題を見つける事も出来た2泊3日の合宿でした~~~大満足!!
ありがとうございました。
香川県 宮内さん


2014ジャズギター&ベース合同合宿 レポート

2014年5月3日から3日間、岐阜県養老町で開催。大自然の中で酒とジャズの日々でした!楽しい合宿を振り返ります。

会場の掬水さん、養老公園横をずーっと登っていって、小川沿いの細道をくねくね(ガードレールなどなし)した先にある、なかなか雰囲気のある旅館で、車のキーさえ抜いとけばもはや脱走する気も起らない程の山の中。養老の滝まで徒歩15分という素晴らしい環境でした。

画像の説明
画像の説明
画像の説明

初日、会場に集合するも手違いで昼食なし。朝なら超ショック、昼でよかった中ショック。急きょ買い出しをお願いして近所スーパーの親子丼弁当を買占めて無事に腹ごしらえできました。買い出しに行って頂いた皆さん、ありがとうございました。助かりました。それにしても23人分ってすごい量です。合宿開会宣言前にこれですから、この先どうなることやら。普段から行き当たりばったりで、こういう時はしっかり!と思っていたのに、結局北川さんに頼りきりでした。すんません。

自己紹介の後、ベース組とギター・ピアノ組に分かれて練習開始。挨拶代わりのブルース・ソロ回しで合宿モード・オン!いつものジャズセミナー通り、最初にリズム・トレーニングの話。走り込みで基礎体力をつける練習ですが、いきなりグランド100周したら疲れ果ててしまうので練習の仕方だけ解説。皆さん納得して頂けたと思いますが、目からウロコ流リズムトレーニング、実践してますか?
そしてハーモニーの流れを意識したバッキング練習など、あっという間に夕方に。
夕食は長テーブルで大きくロの字に並んで食べましたが、真ん中で誰かが芸をする訳でもなく、この後宴会セッションもあるのでサクッと済ませました。1時間ほどコード進行パターンについてジャズ講座して、9時過ぎから宴会セッション!やっぱこれです。ジャズ好きが集まって飲みながらセッションって、最高の楽しみですよね!遠慮気味に始まったと思ったら酒が進むにつれどんどん積極的に。ほろ酔いでリラックスしていると音楽に没頭できます。熱いプレイと笑いに包まれた楽しい時間でした。


養老の滝2
養老の滝1

翌朝、天気は抜群。5時に起きて養老の滝に行ってきた人もいれば、朝メシまで寝てるヤツもいる(ゴホン)。自由時間というのに9時過ぎにはみんな自主的に練習開始。それぞれ部屋や廊下を陣取って個人練習やらデュオやら励みました。僕はあちこち回って個別レッスン。この時間がとても充実していて、来年はもうちょっと増やしたいと思いました。
昼食のカレーをたいらげ、1人で養老の滝散策。期待通りの素晴らしい大自然に感動!かなりの坂道を頑張った甲斐がありました。いや~この場所を選んでくれた北川さんに感謝! 帰りの下りはキツかったです。下りって普段使わない筋肉使うのかな?ガクガクになってしまいました。

記念撮影

午後は、、、アドリブの練習だったかな?ちょっと忘れてしまいましたが、後半はオブリガートの練習をしました。アナザーユーのメロディに合わせて皆さんに絡んで頂きました。この練習はとても役に立ちます。お勧めです。
3時半からベース組と合流してセッション。昨夜はギター大会だったので、今度はベースの生徒さんに曲を選んで頂きました。酒が入っていないセッションも大事です(知らなかった!)。ここで一泊二日コースのかつとしくんとお別れ。あっという間でした。全員で記念撮影。
夜の宴会セッション、さすがに2日目とあって「お先に~」と早目に(十分遅い時間ですが)部屋へ戻られる方も多く、初日ほどではないかなと思っていたら、小山さんのドラム叩き語りが飛び出し、僕の記憶も半分飛び、やはり楽しいセッションになりました!最後は北さんのイビキをつまみに飲んでた気がします。

発表会

3日目(最終日)、発表会に向けて曲のイントロ・エンディングのワークショップ。皆さんからいろいろなアイデアが出てきて楽しく有意義なワークショップでしたが、「もう今日で終わりなんだ…」という寂しさも襲ってきて、何とも言えない気持ちになりました。昼食の牛丼が、発表会直前の緊張と寂しさで妙チキリンな味になっていました。
準備にバタバタでしたが、皆さんのご協力のお陰で発表会が始まりました。金屏風と掛軸の前で、ギター・ピアノ組は北川さんとのデュオ、ベース組は僕とのデュオで1曲ずつ演奏しました。さんざん飲んでセッションした場所なのに、椅子を並べてちょっとお行儀よくするだけで急に発表会の緊張感に包まれます。リラックスしようとしても力が入ってしまい、普段通りとはいきません。そんな中で自分をどれだけ出せるか… 普段の2~3割ですよね? 演奏内容より、こういう経験が大切だと思います。演奏の前後に皆さんから頂いたコメントもとても嬉しかったです!


全員の演奏写真を載せられず、すみません!


近県の方から、東京、高知、宮城と、遠くからも沢山ご参加頂きました。連休の渋滞で移動が大変だったと思います。本当にありがとうございました。
今回の経験を活かし、来年もさらに充実した合宿になるように頑張ります。
残念ながらご参加頂けなかった皆さま、来年ぜひご参加ください♪お待ちしています。


以上、合宿レポートでした!




a:2323 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional